第一葉は、「教育」を最重要視した、特定技能人材の受入サポートを行っております。

Exam questions

すでに実施された特定技能能力試験の過去問をもとにした練習問題です。繰り返し解いて実力をつけてください。

Exam questions

試験問題集

特定技能の各業種試験問題集

介護業

特定技能『介護業』試験テキスト問題集です。日本の介護業で就労したい外国人の方は、試験対策用としてお使い下さい。

外食業

特定技能『外食業』試験テキスト問題集です。日本の外食産業で就労したい外国人の方は、試験対策用としてお使い下さい。

宿泊業

現在準備中です

ビルクリーニング業

特定技能『ビルクリーニング業』試験テキスト問題集です。日本のビルクリーニング業で就労したい外国人の方は、試験対策用としてお使い下さい。

自動車整備業

現在準備中です

建設業

現在準備中です

製造業

現在準備中です

農業

現在準備中です

特定技能評価試験について

この試験は、日本で就労を希望する国内外の外国人に対し、国が定める基準をもとに作成した問題により、在留資格「特定技能1号」を得るために必要な14業種産業分野における「技能」の水準を評価する試験です。

また、就労のために必要な日本語能力水準を測るテスト「国際交流基金日本語基礎テスト(Japan Foundation Test for Basic Japanese, 略称:JFT-Basic)」に合格する必要があります。

第一葉では、特定技能に関する『よくあるご質問』に対して、
分かりやすく解説しております。

第一葉では、特定技能に関する
『よくあるご質問』に対して、
分かりやすく解説しております。

国内の特定技能の試験を受けて合格して、N4の試験の試験に合格すると変更できます。

国内の特定技能の試験を受けて合格して、N4の試験の試験に合格すると変更できます。

技能実習2号を修了していない外国人が特定技能の在留資格を取得するには,技能試験と日本語試験に合格することが必要です。受験と契約の先後関係については,基本的には,技能試験及び日本語試験に合格した後に,受入れ機関との間で雇用に関する契約が締結されることが想定されます。もっとも,雇用に関する契約を締結した上で各試験を受けることも法律上禁止されていませんが,必要な各試験に合格しなければ,「特定技能」の在留資格には該当しません。

技能実習2号を修了した外国人が特定技能1号に在留資格を変更する際に,一時帰国することは,法令上の要件とはなっていません。

分からない、解決出来ない事などあれば、お気軽にお問い合わせ下さい。

解決出来ない事などあれば、
お気軽にお問い合わせ下さい。